ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 長崎旅行記[5]〜大浦天主堂・軍艦島〜 | main | 長崎旅行記[7]〜グラバー園〜 >>
2018.01.06 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.24 Sunday

長崎旅行記[6]〜樺島灯台・伊王島灯台〜

長崎旅行記[5]〜大浦天主堂・軍艦島〜 はコチラ


-----

8月21日


着替えを済ませ、伊王島へ向かいます。
お昼の時間は過ぎてますが、みんなそれほどお腹が空いてないと言うので
途中、コンビニで軽食を調達。
(僕は後で一人で美味いもの食べよう……ひひひ)

さっき船でくぐった伊王島大橋を渡り、伊王島の天然温泉『癒湯』到着。
ここに着くまで「灯台行く?」と5回くらい聞きましたが、
全て断られました。ここからはしばし一人旅。

『癒湯』から伊王島灯台までは車で5分もかかりませんでしたが、
またもや雨。少しだけ待ってみましたが、すぐにはやみそうもないので
先に樺島灯台に行くことにしました。
どうせ後でまた、伊王島には迎えに来ないといけないから。

国道499号をひたすら南下。
ふと右手を見ると、軍艦島が見えました。

Gunkanjima.

肉眼でもハッキリ。これはこれでグッときました。


樺島は長崎半島南端にある島ですが、
橋が架かっているので車で行くことができます。
橋を渡り、細い山道を進んで行きます。
「この道で合ってるんだろうか?」不安な気持ちを抑えて
突き進むのです。

駐車場に到着。
車とは一台もすれ違いませんでした……。


一応は公園らしいのですが、
駐車場に軽ワゴンが1台置いてあるだけで、誰もいません。
小雨がぱらついてましたが時間がもったいないので
傘をさして灯台へ。

灯台へ向かって歩いていると、
職員らしきおじさんとすれ違いました。
駐車場の軽ワゴンのおじさんかな。

「雨の中、わざわざ来たの?」と声をかけてくれました。

Kabashima.

樺島灯台です。立派!


Kabashima.

第3等フレネルレンズらしい。


Kabashima.

旧退息所と思われる建物が資料館として公開されてました。
中に入るとモワッとした空気。もちろん誰も居ません。
落ち着いて見ることもできず、写真だけ撮って出ました。

良い撮影ポイントも見つけられず、雨も降ってるし、
時間もあまり無いので伊王島に戻る事にしました。

さっき来た山道を進むと、1台だけ車とすれ違いました。

-----

伊王島大橋を渡り、ふとナビを見ると橋の下あたりに灯台のアイコンが。
気になったので行ってみる事にしました。

Light house.

あ。さっき船から見えた灯台でした。
名前は分からない。

[追記]
これは肥前黒瀬灯台だそう。
やっくるさん、教えていただきありがとうございます。


家内に連絡すると、風呂も上がって時間を持て余してるようだったので
伊王島灯台には一緒に行くことに。
良いお湯だったそうで、良かった良かった。

この頃には雨もやんでました。
車を停め、少し歩くとやや見下ろす感じで見えてきました。


Ioshima.

伊王島灯台!
おおおお〜素晴らしい。

伊王島灯台は江戸条約の灯台のひとつです。
幕府が米英仏蘭に
「ココ、アブナクネ? ライトハウス ツクッテヨ」って言われて、
「分かったでそうろう」って設置を約束したのが江戸条約。

江戸条約の灯台は全部で8ヶ所。

・野島埼灯台(千葉)
・観音埼灯台(神奈川)
・剱埼灯台(神奈川)
・潮岬灯台(和歌山)
・樫野埼灯台(和歌山)
・伊王島灯台(長崎)

今回の伊王島灯台で6ヶ所目。
あと2ヶ所は

・佐多岬灯台(鹿児島)
・神子元島灯台(静岡)←行ける気がしない


Ioshima.

そんな歴史的背景もあって、もう鳥肌モンなんです。
デザインも素晴らしいじゃないですか。

と言いつつ、現在の伊王島灯台は三代目。
明治4年に初点灯→原爆により損傷、昭和29年に四角形で修復→
平成15年に六角形で再建。



ちなみにこれが初代・伊王島灯台。
今、建ってる位置よりもう少し海側だったって。

さっき、二代目の伊王島灯台(四角形)を検索して見てみた。
……再建されて良かった(苦笑)。


Ioshima.

子供たちの下の石畳が、
初代伊王島灯台が建ってたところ。
伊王島旧灯台基礎石組。


Ioshima.

灯台脇の階段を降りると、記念館がありました。
ここもまた、旧吏員退息所。ブラントンが設計したそうです。


Hirase.

長崎湾方面を見ると、黒地に赤横帯の灯標が。
平瀬灯標か肥前平瀬灯標のどちらかだと思うのですが、
ちょっと分かりません。


Ioshima.

お気に入りの一枚。
奥のフェリーは何処に行くのかな……

今回の灯台巡りはこれにておしまい。
二ヶ所だったけど満足です。

あ、昼飯食ってない!

=====





2018.01.06 Saturday

スポンサーサイト

コメント
樺島灯台!
灯塔&レンズともに立派なのにいまいちマイナー、
楽にクルマで行けるのにお手頃な最果て感というバランスが良くて、
何気にお気に入りの灯台であります、フェンスとか邪魔ですけどねw


自分が伊王島に渡った頃は橋が無くて(建設中)船だったんですけど、
建設中の橋のすぐ近くに大中瀬戸西灯台ってのもあったんですよね。
橋が出来てもう廃止されてしまったようで悲しいですが…。
写真は肥前黒瀬灯台かな?
伊王島灯台の素晴らしさは自分がコメントするまでもないですねw


神子元島灯台はそのうち一緒に釣り船に乗って行きましょうよ!
日程さえ調整したらいつでも伊豆まで出向きますよww
なんなら佐多岬灯台も釣り船チャーターして足元到達したいんですけどwww
  • やっくる
  • 2014.08.24 Sunday 11:43
有名な灯台のみ行ってる僕ですが、
たしかに樺島灯台はノーチェックでした^^;
なんとなく「野母崎に灯台ないのかな?」って調べてたら
樺島灯台の存在を知りました。
ホント、立派なのに……。

伊王島への橋は最近できたんですね。
車で気軽に行けるのと、船に乗らないと行けないのでは
全然違いますよね〜。
ただ、橋が出来る事で廃止されてしまった灯台があると聞くと、
便利になって嬉しいような悲しいような。

おぉ、肥前黒瀬灯台ですか!
帰ったら灯台表で確認してみます。

神子元島灯台、ぜひぜひ!
やっくるさんとなら心強いです。
ちなみにdunkanさんは行った事あるんですよね〜
さすがですw

佐多岬灯台もすごい所に建ってるですね……
知らなかったw
これ、釣り船チャーターしたところで、
足元行けるんでしょうか? 汗
  • 2014.08.25 Monday 11:02
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR