ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.01.06 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.24 Sunday

長崎旅行記[6]〜樺島灯台・伊王島灯台〜

長崎旅行記[5]〜大浦天主堂・軍艦島〜 はコチラ


-----

8月21日


着替えを済ませ、伊王島へ向かいます。
お昼の時間は過ぎてますが、みんなそれほどお腹が空いてないと言うので
途中、コンビニで軽食を調達。
(僕は後で一人で美味いもの食べよう……ひひひ)

さっき船でくぐった伊王島大橋を渡り、伊王島の天然温泉『癒湯』到着。
ここに着くまで「灯台行く?」と5回くらい聞きましたが、
全て断られました。ここからはしばし一人旅。

『癒湯』から伊王島灯台までは車で5分もかかりませんでしたが、
またもや雨。少しだけ待ってみましたが、すぐにはやみそうもないので
先に樺島灯台に行くことにしました。
どうせ後でまた、伊王島には迎えに来ないといけないから。

国道499号をひたすら南下。
ふと右手を見ると、軍艦島が見えました。

Gunkanjima.

肉眼でもハッキリ。これはこれでグッときました。


樺島は長崎半島南端にある島ですが、
橋が架かっているので車で行くことができます。
橋を渡り、細い山道を進んで行きます。
「この道で合ってるんだろうか?」不安な気持ちを抑えて
突き進むのです。

駐車場に到着。
車とは一台もすれ違いませんでした……。


一応は公園らしいのですが、
駐車場に軽ワゴンが1台置いてあるだけで、誰もいません。
小雨がぱらついてましたが時間がもったいないので
傘をさして灯台へ。

灯台へ向かって歩いていると、
職員らしきおじさんとすれ違いました。
駐車場の軽ワゴンのおじさんかな。

「雨の中、わざわざ来たの?」と声をかけてくれました。

Kabashima.

樺島灯台です。立派!


Kabashima.

第3等フレネルレンズらしい。


Kabashima.

旧退息所と思われる建物が資料館として公開されてました。
中に入るとモワッとした空気。もちろん誰も居ません。
落ち着いて見ることもできず、写真だけ撮って出ました。

良い撮影ポイントも見つけられず、雨も降ってるし、
時間もあまり無いので伊王島に戻る事にしました。

さっき来た山道を進むと、1台だけ車とすれ違いました。

-----

伊王島大橋を渡り、ふとナビを見ると橋の下あたりに灯台のアイコンが。
気になったので行ってみる事にしました。

Light house.

あ。さっき船から見えた灯台でした。
名前は分からない。

[追記]
これは肥前黒瀬灯台だそう。
やっくるさん、教えていただきありがとうございます。


家内に連絡すると、風呂も上がって時間を持て余してるようだったので
伊王島灯台には一緒に行くことに。
良いお湯だったそうで、良かった良かった。

この頃には雨もやんでました。
車を停め、少し歩くとやや見下ろす感じで見えてきました。


Ioshima.

伊王島灯台!
おおおお〜素晴らしい。

伊王島灯台は江戸条約の灯台のひとつです。
幕府が米英仏蘭に
「ココ、アブナクネ? ライトハウス ツクッテヨ」って言われて、
「分かったでそうろう」って設置を約束したのが江戸条約。

江戸条約の灯台は全部で8ヶ所。

・野島埼灯台(千葉)
・観音埼灯台(神奈川)
・剱埼灯台(神奈川)
・潮岬灯台(和歌山)
・樫野埼灯台(和歌山)
・伊王島灯台(長崎)

今回の伊王島灯台で6ヶ所目。
あと2ヶ所は

・佐多岬灯台(鹿児島)
・神子元島灯台(静岡)←行ける気がしない


Ioshima.

そんな歴史的背景もあって、もう鳥肌モンなんです。
デザインも素晴らしいじゃないですか。

と言いつつ、現在の伊王島灯台は三代目。
明治4年に初点灯→原爆により損傷、昭和29年に四角形で修復→
平成15年に六角形で再建。



ちなみにこれが初代・伊王島灯台。
今、建ってる位置よりもう少し海側だったって。

さっき、二代目の伊王島灯台(四角形)を検索して見てみた。
……再建されて良かった(苦笑)。


Ioshima.

子供たちの下の石畳が、
初代伊王島灯台が建ってたところ。
伊王島旧灯台基礎石組。


Ioshima.

灯台脇の階段を降りると、記念館がありました。
ここもまた、旧吏員退息所。ブラントンが設計したそうです。


Hirase.

長崎湾方面を見ると、黒地に赤横帯の灯標が。
平瀬灯標か肥前平瀬灯標のどちらかだと思うのですが、
ちょっと分かりません。


Ioshima.

お気に入りの一枚。
奥のフェリーは何処に行くのかな……

今回の灯台巡りはこれにておしまい。
二ヶ所だったけど満足です。

あ、昼飯食ってない!

=====





2013.08.25 Sunday

北海道旅行記[14]〜チキウ岬灯台〜


-----
8月4日

朝起きて、7時スタートの朝食バイキングへ。
(7時スタートって遅いよねえ)
平静を装って朝食を済ませ、8時過ぎに宿を出発することに成功。

地球岬に続く山道へ。
「もう渋滞してたらどうしよう……」


地球岬駐車場 

9時。駐車場に到着。ガラガラ(笑)
「みやげ屋のオヤジめ……」と少し思ったけど、
結果的に良かった(のちほど実感)。


チキウ岬灯台の門

チキウ岬灯台への門。
灯台まで階段を降りて行くって、僕は初めてかも。


地球岬展望台

展望台は観光客でいっぱい。
観光バスでやってきた、中国の人たちのようでした。


チャレンジだ

絵がうまい。


一般公開

ボランティアと思われる初老の男性が集まり始め、看板も設置されました。
一般公開は10時からです。


チキウ岬灯台

灯台では一般公開へ向けた準備が進んでいます。
ちなみにこの日の一般公開は室蘭市主催だそうです。
先月の“大賑わい”だった一般公開(みやげオヤジ談)は海保主催。

気がつくと、先ほどの門の前には列ができはじめていました。
ふらふらしてた僕らは5番目くらい。
(岬に来たのは一番に近かったんだけどね)

予定より早く9時50分くらいに一般公開が開始されました。
時間があまり無い僕らにとって10分の前倒しは助かる!

門を入り、階段を下って灯台の敷地へ。
灯台内部は狭いため、20人ずつくらいで順番で入るとの説明。
僕らは第一陣で入ることができました。
もし、第二陣だったら、焦って変な汗かいてたかも。
お土産屋のおじさま、ありがとう(笑)。

らせん階段を上り、灯頂部へ。

チキウ岬灯台にのぼる

ピースする癖、やめさせないとな〜(苦笑)


階段

テラス部へ行く時にある梯子並みに急な階段。
上る時より降りる時が大変です。


チキウ岬灯台02

この字は誰が書いたんだろう……


チキウ岬灯台03

超大混雑ってほどじゃないけど、
そこそこの人が列を作っていました。


チキウ岬灯台04

テラスには次のグループを待つ女性保安官の姿が。
寂しげなうしろ姿、色味のない大きな海、錆びた灯台、それを彩る万国旗……。
たまりません(笑)

そんなこんなで、無事に『チキウ岬灯台一般公開』を満喫できました。
いよいよ帰玉です。

新千歳空港に向かいます。

-----

「この日、新千歳空港では航空ショーが開かれますので
渋滞が予想されます。
時間には余裕を持って帰ってきてください」

レンタカー屋のベテラン風店員(実際は研修中)が
言ってたのを思い出したのでした。


2013.08.21 Wednesday

北海道旅行記[12]〜地球岬〜


-----
8月3日

明日の『チキウ岬灯台一般公開』の下見がてら、
やってきました地球岬。

地球岬 

『北海道の自然100選』だそう。


チキウ岬灯台

おお〜、絶景!
灯台を見下ろすことができるっていいですね。

一度、新潟の『角田岬灯台』に行った時に
背後の山に「うんとこしょ、どっこいしょ」と登って
見下ろしたことはありますが……。


チキウ岬灯台02

フレネルレンズ、存在感があります。


地球岬の鐘

展望台みたいのがあって、
そこに鐘がありました。


灯台と

娘たちからの、灯台。
そして大海原。
いいねえ、また行きたいです。

この下見、結果論ですが来て良かった。
雲一つない青空でしたからね。
翌日(本番)はやや曇り空でした。。

近くに一軒、お土産屋さんがあったので
灯台グッズを物色しに入ってみました。
店のおじさんに「明日は一般公開ですね」なんて
話しかけてみたんです。

チキウ岬灯台は先月(7月)も一般公開があったそうで、
「先月は凄かった……駐車場までずっと大渋滞じゃった」
(こんな語尾じゃなかったけど)

な……なにっ! じゃあ、もしかして明日も……?

これまで灯台絡みで混雑なんて経験したことのない僕は
心臓バクバクですよ(笑)。
というのも、明日は帰玉日。
14時の飛行機です。12時までにはレンタカーを返さないと。

ここ地球岬から空港近くのレンタカー屋まで1時間はかかる。
灯台の一般公開開始が10時。タイトだ、これは過密だ。

もしかして、諦めないといけないのか?
最悪な事態が頭をよぎったのであった。

-----

何にせよ、今夜は登別の温泉です。
今夜こそ宿でゆっくり……ってもう夕方じゃないか!


2013.08.15 Thursday

北海道旅行記[5]〜石狩灯台、まつじん〜

北海道旅行記[4]〜白い恋人パーク〜 はコチラ

-----
8月1日

今夜はMさんとのジンギスカンなのですが、
まだ少し時間がありました。

「石狩灯台に行こうか!」

子供たちにはしつけが行き届いておりますので「行く行くー!」
家内はやや曇った表情(苦笑)。

『白い恋人パーク』から石狩灯台まで約23km。
向こうは1km1分で計算できたので近いもんです。

そんなこんなで、この旅、初の灯台に到着。


おぉ〜、赤白の縞々!
北海道ぽくていいですね。
右の黒いのは『喜びも悲しみも幾歳月』の石碑。
石狩灯台、出てたっけ……(苦笑)
見直さなければ。



雲の感じがお気に入りの一枚です。



あちこちサビだらけ。

灯台周りは「はまなすの丘」ということで遊歩道になっていました。
ぐるりと一回りして、帰路についたわけですが
灯台近くにあったお店がとても良い感じだったと今知りました(笑)。
次回はゆっくりコーヒー飲みながら灯台を眺めたいな。

じじいが運転する車に煽られながら札幌へ。
ホテルにチェックイン。
Mさんがロビーまで来てくれて、夕食へ。


北海道といえばジンギスカン。
いくつか候補を出してもらって
松尾ジンギスカン(まつじん)をチョイス。



めちゃくちゃ美味かったです。
臭みも無いし、やや甘い味付けが最高でした。
赤坂、銀座にも支店があるので今度行ってこようかと!

腹一杯食べて、長い一日が終わりました。

-----

明日は子供たちが楽しみにしているルスツ。
プールと色んな種類のジェットコースターがあるらしいです。


2013.05.14 Tuesday

これでどうだい!

みんなで応募してみようよ!


ネーミングセンス抜群w

2013.05.11 Saturday

紀伊半島・灯台巡りと大阪旅行

 【はじめに】

今年のゴールデンウィークはいよいよ潮岬だ!
毎年、直前まで行こうかやめようか迷ってるのですが、
今年はすんなり決めました。一ヶ月以上前に宿も予約したし。

潮岬には昨年の夏休みに行くつもりだったのですが、
天気の関係で同じくらいの距離の禄剛崎(能登半島)にしたんですね。

今回は、こうっちく(次女。以下コウ)も初参加。
二人とも小学生だし、それほど手もかからないでしょう。
車中泊じゃないし。本人が「いく」と言ったんだ。

というわけで、22回目の灯台の旅のはじまりはじまり。



今回のざっくりルート。紀伊半島、大きいですね。
全部で1,400kmくらい走った(笑)。



 5月2日|16:40|出発

おかげさまでこの日は仕事を休むことができたので、
リンが学校から帰ってきてからすぐに出発。
渋滞はいやだよ……少しでも早く出ないと!
(理由:2年前の悪夢



 5月2日|17:15|大橋ジャンクション


はい、渋滞。
ここはいっつも混むので仕方ありません。
東名に入ったらスムーズでした。やった!



 5月2日|20:20|清水サービスエリア


初・新東名です。
トイレ休憩で寄ったんだけど、どこもかしこもキレイでびっくり!

ホテルのような洒落た空間での放尿……



 5月2日|22:20|新城パーキングエリア


2年前は永遠に感じた静岡県を抜けて、もう愛知県です。
順調を絵に描いたよう!



 5月3日|05:00|紀宝町ウミガメ公園(道の駅)


仮眠と運転を繰り返し、紀宝町ってとこまできました。
どんな道を走ってきたのか、よく覚えてません(笑)。
最初の訪問地・梶取埼灯台まではあと30kmくらい!



 5月3日|05:50|梶取埼灯台


出発から約13時間、梶取崎に着いたー!
『落合博満野球記念館』の近くです(笑)

※看板に「本人滞在中」みたいなことが書いてあったので、
俺に会いに行こうか迷ったんだけど
オープンまで待ってられないのでやめた。

見えてきました、灯台です

灯台の建つ「梶取崎園地」内にはくじらの供養碑なるものが

梶取埼灯台です。朝焼けがきれいでした

海側より。梶取埼ナミノリ礁照射灯が併設されていて、なんだかロボっぽい。

灯頂部の風見鶏も くじら。とにかく くじら推し

娘さんと二人で犬の散歩に来ていたおじさんと少し話をしました。
なぜ、落合記念館がこの場所にあるのか教えてもらいました(割愛)。
ちなみにおじさんは横浜からベントレーでぶっ飛ばして来たそうです。
あとで聞いた話だと、ベントレーって超高級車らしいですね。
おじさんと連絡先を交換するくらい仲良しになっておけばよかったな。

さすがに眠かったので、サークルKの駐車場で1時間ほど寝た。



 5月3日|08:45|本州最南端の道の駅


オープンしたばかりの道の駅でトイレ休憩。
名前を忘れた。調べたけど出てこない。
橋杭岩があるところです。

いざ、今回のメイン・潮岬へ!



 5月3日|09:30|潮岬

おお、見えた!



 5月3日|09:45|潮岬灯台


潮岬灯台の駐車場に到着!
300円もとられたよ。

ついに来たーーーーー!

犬吠埼灯台をギュッと縮めたような感じの潮岬灯台は、
参観灯台で、江戸条約の灯台で、日本の灯台50選にも選ばれていて、
しかも保存灯台(Aランク)という、もう出来杉くんみたいなヤツ。
と言っても、一番好きかと言われれば、話は別ですが

ちなみに、これが竣工当時の潮岬灯台。
「日本の灯台の父」R・H・ブラントン設計。
この時は木造で、日本で最初の洋式木造灯台(ウィキペディアより)。
明治3年に完成して、明治11年には現在の石造灯台になった(ウィキね)

プレートの朽ち具合がイイ

これ、やりたかったんだ(笑)

内部の板張りも犬吠埼っぽい。
テラス部分に出る階段は降り口とのぼり口が別だったので便利でした。
階段つっても、ほぼ梯子だけど

これは宿舎か何かかな?

職員宿舎だった建物でした。表札が悲しげに転がってた


2009年11月に「参観灯台参観宣言」を宣言した私ですが、
潮岬灯台で10ヶ所目となりました(全15ヶ所)。
なにごとも長続きしない私にしては、珍しく続いてます。
まだ飽きてないし! というわけで、残り5ヶ所もいつか必ず。


参観灯台に行ったら、燈光会のストラップを必ず買っています。
右から
入道埼灯台(秋田県)
塩屋埼灯台(福島県)
犬吠埼灯台(千葉県)
野島埼灯台(千葉県)
観音埼灯台(神奈川県)

右から
初島灯台(静岡県)
御前埼灯台(静岡県)
安乗埼灯台(三重県)
大王埼灯台(三重県)
潮岬灯台(和歌山県)New!!



 5月3日|10:25|潮御崎神社

灯台の隣に神社があったので行ってみた。
御朱印帳売ってたら買おうと思ってね。

御朱印帳どころか、誰も居なかった



 5月3日|10:55|本州最南端


これまで「“房総半島”最南端」とか「“能登半島”最北端」には行ったけど、
とうとう来ました。「“本州”最南端」です。
そもそも灯台が好きな理由のひとつに端っこ好きってのもあるので、
最南端も結構好みです。

丸っこいのが、潮岬タワー。
展望台があるようでしたが、灯台ではないのでのぼらず。
手前の広場ではマラソンチームが練習してました。
こんな所で練習できるなんて、幸せだなあ

これぞ記念撮影って感じ

タワーに併設されたレストランで早めの昼食。
父・近大本まぐろ丼、長女・らーめん、次女・カレー(やっぱり)。
私の丼はまぐろがたったの四切れというキレっぷり。
味はまあまあでした

このあと、おみやげやさんへ。

通行手形売ってた! 禄剛埼でも買ったんだ。迷わず購入

〜 今回の戦利品 〜
★ 本州最南端訪問証明書
★ 潮岬と串本(絵はがき)
★ 通行手形

さらに……
今どき、こんなの買うやついる(笑)?
男気ジャンケンで「全く売れないのでお願いします」レベル。
けどね、なかなか素敵なことが書いてあんだ。

潮の岬に 灯台あれど
恋の闇路は 照らしやせぬ

灯台を褒める方向でいこうよ(笑)!

……これ、なんだかおばあちゃんち思い出すんだよなあ。


次は樫野崎に向かいます。





 5月3日|13:00|トルコ記念館


潮岬の反対側の端っこにある樫野崎へ。
エルニーニョ、じゃない、エルトゥールル号の所です。

わかったかもめ!

トルコ記念館。立派な建物だ


味のある字……あ

ただいま、お見苦しい点がございました。お詫び申し上げます

展示室には興味深い品がたくさんあったのですが、
館内「撮影禁止」……残念。

エルトゥールル号がぶつかった岩礁……あれか!

トルコ軍艦遭難慰霊碑にて



 5月3日|13:40|樫野埼灯台


トルコ記念館からもう少し歩くと樫野埼灯台があります。

灯台前の広場には馬に乗るおじさんの銅像……誰なんだ

なかなか味の無い字です(笑)。学生さんが書いたらしい

ジャーン! 樫野埼灯台です。
この灯台も江戸条約の灯台で、保存灯台(Aランク)。
参観灯台では無いので中には入れませんが、
左側にある外階段からテラス部分へ行くことができます。
外階段が出来たのは平成14年。それより前に来てみたかった

竣工当時の樫野埼灯台。しびれるな〜!
陸側は白く塗られてなかったんだね。
これもブラントン設計で、潮岬灯台と一緒に着工。
こちらは日本最初の石造灯台、回転式閃光灯台だそうですよ。
初点灯は明治3年6月。
エルトゥールル号の座礁事故は20年後の明治23年です(ウィキぺ)

第2等のフレネルレンズ。ここもいつかLEDになってしまうのだろうか

敷地内にある「樫野埼灯台旧官舎」。
2011年4月に改修され、内部が公開されています。100円也

入館すると、大型テレビのある部屋で5分間のビデオを見ました。
あれれ、こっちは陸側も白く塗られてる。比較的新しい写真なのかな?

100年以上も前、この空間には灯台守が居たんだなあ

壁の四角い穴から、パイプみたいの見えるでしょう?
これが灯台と繋がっていて、官舎内から灯台に居る人を呼べたらしい

今日の灯台巡りはこれにて終了。宿へ向かいます。



 5月3日|16:00|民宿くしもと


今夜は串本駅近くの宿に泊まるのだ。素泊まり。

今日の寝床です。4畳半。テレビ、パソコン完備!
これで1泊3,900えーん(三人で!)。布団で寝れるって幸せ〜



 5月3日|17:00|レストランオーク串本店

関西在住・灯台フォロワーの やっくるサン が、なんと会いに来てくれました!
しかも夜勤明けで、聞いたら距離も250kmくらいあるそうで……(汗)
やっくるサンの灯台訪問ツイート見る度にいつも思ってたのですが、
行動力&機動力がハンパない(笑)
我らが師匠・dunkanサンに並んで、色々な事を教えてもらってます。

そんな やっくるサンとは初対面だったのですが、
まあやはり緊張しましたよ。
オジさんなのか、若者なのか、そもそも男性だよな? とか(笑)。
リンとコウにも「どんなひと?」と聞かれるものの「分からないんだ」。

そんなこんなで やっくるサン(ご夫妻)登場!
僕とほぼ同世代でとても明るい気さくな方でした。
子供たちにも構ってくれて、とても楽しい時間でした。
アッという間の3時間!

今回は僕が疲れちゃって灯台集合できなかったけど、
次回はどこかの灯台で再会しましょう!
その時にはdunkanさんも誘います!



 5月3日|20:20|サンゴの湯


リンとコウが二人だけで女湯に入れるっていうので、
近くの温泉へ(宿でタダ券くれた)。
中に入ると思ったより狭く、思ったより混んでたのでサッサと退散。

帰りにサークルKではなく、ローソンで明日の朝食を買って宿に戻りました。
21時過ぎには寝た。



 5月4日|07:40|宿出発

おはようございます。
今日は紀伊日ノ御埼灯台とか雑賀埼灯台とかを回ろうと思ってたのですが、
友ヶ島の存在を知り、もう行くしかない!
加太港へ向け出発です。11時の船を逃したら13時だ、急げ急げ(安全運転)。



 5月4日|10:50|加太港


間に合ったー! 駐車場に車を停めると徴収係のおばちゃんが来て
「11時の船、もういっぱいらしいでぇ」
ええーーーーー! そんなあああ……。

ちょう長蛇の列……おばちゃん曰く「ゴールデンウィークとお盆だけ」らしい

友ヶ島行きの船は1日4便、GWと夏休みらへんは1日6便。
冬は週末のみ1日2便らしい。

ただ、この日は特にお客さんがたくさん居たようで、
11時に加太港を出た船がすぐに戻ってきて、乗せてくれることになった。
片道20分なので、約40分待ち。2時間待つよりはマシ。



 5月4日|12:10|友ヶ島


友ヶ島に着きました。
BBQとかキャンプのお客さんもたくさんいました。
(灯台目当てに来たのは我らだけっぽいな……)

記念撮影。パチリ

野奈浦桟橋前の宿。ここのおばちゃんがなかなかパンチ効いてた(笑)

外に置いてあった自動販売機が千円札を受け付けてくれない時の話。

う「両替してもらっていい?」
お「り ょ う が え ってなに?」
う「100円玉とかにしてってこと」
お「なんで?」
う「自動販売機で千円が使えないの」
お「それは入れ方が悪い」

結局、両替してくれないというね(笑)


じぇじぇじぇ! クジャクが歩いてるじゃないか!

やっくるサンに「弁当持ってけ」って言われてたのですが、
急いでたり並んでたりで結局買えず……
野奈浦桟橋から5分ほど歩いたところにあった「海の家」(うみのや)で昼食。
今思うと、ここでの待ち時間が結構もったいなかったな。
じぇじぇ! コウがまたカレー食っとる!

木の枝を杖にするお二人さん

友ヶ島は明治〜終戦まで大阪湾を防衛する由良要塞の拠点のひとつとして
旧陸軍に使用されていました。戦争が終わったあと、砲台は取り壊され
大砲は処分されましたが、島には今も砲台跡や弾薬庫跡などがあります
(パンフレットより)
僕は灯台きっかけで来たわけですが、興味深い場所がたくさんありました

第2砲台跡。端のほうは崩れ落ちてた

灯台が見えてきました!

門のほうより

友ヶ島灯台に着いた! しつこいようですが、この灯台は保存灯台(Aランク)で
江戸条約ではなく大阪条約の灯台のひとつ。
ちなみに今月の25日に一般公開(中に入れる)するそうですよ……いつか必ず

隣の建物は旧官舎でしょうか。そこでポテロングタイム

第1砲台跡。ノスタルジック

旧海軍聴音所跡。ここで潜水艦などの侵入を察知していたらしい

中はこんな感じ……

兵隊さんもここから海を見ていたんだろうか

トイレっぽい跡。兵隊さんもここで用を足していたんだろうか

この時点で15時15分。
15時30分発の船を諦め、最終の16時30分の船に乗る事にした。

第5砲台跡

島内に6ヶ所ある砲台跡で、最大規模の第3砲台跡は諦めました。
探照灯跡、タカノス山展望台にも行きたかったけど仕方ない。

野奈浦桟橋に戻ってきた。たくさん歩いてお疲れ気味

16時30分の最終便の時間が近づくと
おっちゃんが「乗車券と整理券をお持ちの方、お集りくださーい」と。
……整理券? そんなの持ってませんけど。

聞いたら、最終便は既に満員らしく整理券を配ったんだって。
行きと同様、加太港に着いたらすぐに戻ってきてくれるそう。
はい、40分待ちね。知ってる。



 5月4日|17:05|友ヶ島出発


無事に船に乗れました。

滞在時間5時間ほど。一般公開の時にまた来るよー


紀伊半島・灯台巡りはこれでおしまいです。
今回は4基だけでしたが、歴史的にも重要な灯台ばかりだったので
本当に満足です。天気にも恵まれたし。

この後は大阪に住む友人のボリィさん宅へ。カミさんともそこで合流します。
さあ、大阪旅行のはじまりはじまり。



 5月4日|17:40|加太港出発


予定より遅くなってしまったな。
娘らも「早くキイちゃん(ボリィさんの娘さん)ち行きたいね」と言ってます。
オーケーオーケー。急ごう。



 5月4日|20:10|友人宅着

土地勘ゼロ。キカイが指し示すまま走って無事に到着。
ボリィさんとは数年ぶりの再会です!
にもかかわらず、違和感なく会話が弾むのは、ボリィさんの人柄だね〜。

夕飯はお寿司&たこ焼きを用意してくれました! うんめぇ〜。
まさに至福の時……
楽しい宴は朝4時まで続きました(笑)。



 5月5日|13:40|インスタントラーメン発明記念館


やや遅めの起床後、インスタントラーメン発明記念館へ。

歴代のパッケージ見てるだけで楽しい

ものすごい量のパッケージがキレイに飾ってあるんです(手前の人は知らない人)

マイカップヌードル作りに挑戦しました。まずはパッケージから

ベースの味、具材(4種類)を決めます。
僕はカレー味でソーセージ、コロチャー、チーズ、コーンをチョイス

フタをして、ビニールに包まれて完成!

〜 帰宅後に食べてみた 〜
右から、う、リン、コウ、家内

カレー味は全てをカレー味にしてしまうんだなと実感

〜 了 〜

きっと偉いんであろう、カップラおじさん像の前で記念撮影

ラーメンばかり見ていたらみんなラーメン食べたくなって、
近くにあったラーメン屋さんで遅めの昼食。
お客さんのほとんどがマイカップヌードルを持ってるというね(笑)



 5月5日|15:50|伊丹空港


伊丹空港脇の公園へ。

飛行機がバンバン飛んでる

子供たちは飛行機そっちのけ。水の流れで葉っぱレース



当初の予定では、この日の夕方〜夜には
埼玉に向けて出発するつもりだったのですが、
渋滞予測を見ると夜中もそれなりに混みそうだ。
もっとたくさん話もしたかったので明日の朝出発に予定変更!
ボリィさんちにもう一泊させてもらう事にしました。

この日はさすがに翌日の運転を考えて23時30分頃に寝た。



 5月6日|07:00|埼玉にむけて出発

楽しい時間はすぐに流れるけれど、思い返すと長く感じる。
不思議なものですね。
ボリィさん一家のみんな、ありがとう! お世話になりました。
また会える日を楽しみにしています!



 5月6日|09:30|豊川市

多少の渋滞は覚悟していたものの、至って順調。



 5月6日|13:10|イオン北戸田

埼玉に戻ってきたー! 6時間ほどで着きました。
横浜あたりで5kmほど渋滞してたけど、あとはスムーズ。
朝出発大正解。新東名効果? 何はともあれ良かった良かった!
昼飯買って無事帰宅。



【おわりに】

近年稀に見る充実した休みを過ごすことができました。
天気も良かったし、目当ての灯台にも行けた。
ツイートして、返信もらって楽しかった。
やっくるサンとも初めてお会いできたし、
ボリィさん一家とも久々にたくさん話せた。
みなさん本当にありがとうございました。

=====

今回も『Lighthouse-JAPAN.com』(dunkanさん)を
ちょくちょく拝見させていただきました。
いつもありがとうございます。

=====

さて、次は夏休み。
島根の出雲日御碕灯台&美保関灯台か?
沖縄の残波岬灯台&平安名埼灯台か?
……そもそも行けんのか?

長々と幼稚な文章を最後まで読んでいただいた方に
御礼を申し上げます。ありがとうございました。

またお会いしましょう。

おしまい
2012.09.06 Thursday

能登半島灯台巡り

【はじめに】

待ちに待った夏休み。
どこにも行かず後悔はしたくないので灯台に行く事にしました。

参観灯台がいいな。未訪問の参観灯台で一番近いのは……
紀伊半島最南端、潮岬! 遠い(笑)。

僕は雨男(もしくは曇男)なので天気が心配。
けど、夏だし大丈夫だろうと週間天気予報を見ると
曇り。潮岬、曇り!

晴れがいい。青空の灯台が撮りたいんです。
同じくらいの距離で、他に行ってみたい灯台は……
能登半島の先っちょ、禄剛崎!
天気は晴れ、ずっと晴れ!

というわけで、
今回はリンと二人で能登半島灯台巡りに行ってきました。

長いですが、頑張って読んで(見て)もらえると嬉しいです。




 出発 | 8/7 | 20:40
出発。ガソリンを入れて外環〜関越自動車道へ。


 寄居PA | 8/7 | 21:40
1時間でもう眠くなりました。
無理はよくないので、少し休憩。


 甘楽PA | 8/7 | 23:00
「甘くて楽」と書いて「かんら」と読むんですね。
いよいよ眠いので、横になって少し寝ます。


 横川SA | 8/8 | 3:00
トイレ休憩。外に出ると寒い……。
もちろん長袖なんて持ってきてません。
コーヒーの自動販売機の進化に驚きました。


 松代PA | 8/8 | 4:00
休憩。
ここらへんから真っ直ぐ能登半島方面に行く道があったら近いのに……
なんて妄想。


 名立谷浜SA | 8/8 | 7:20

北陸自動車道に入りました。
リンも起きたので朝食。
彼女は朝からカレー。


 有磯海SA | 8/8 | 8:40
渋滞もなく、かなり順調!
迷っていた「能登観音埼灯台」に行くことにしました。
となると、金沢までは行かないってことです。




 万葉線 | 8/8 | 9:40

小杉インターで高速を下り、高岡市内を走っていると路面電車を発見。
都電荒川線以外の路面電車を生で見たのは初めてだったのでちょっと興奮。
氷見市を通り北上しているあたりで、やっくるさんからツイート。
-----
岩崎鼻灯台、すぐ目の前までクルマで行けるしフレネルレンズやしオススメですよ
-----
なにー! 地図を見ると、もう通り過ぎてました……。
禄剛埼灯台および石川県の灯台の事ばかり考えて、富山県は一切調べて来ず。
帰りに寄ろう。


 道の駅 いおり | 8/8 | 10:40

『道の駅マップ』というiPhoneアプリで、
「訪問済み」というボタンがあってチェックできるんです。
それが楽しくて、道の駅には積極的に立ち寄ることにしました。


 能登観音埼灯台 | 8/8 | 11:10

今回の旅、最初の灯台です。いいねえ〜。
なかなか立派です。


 道の駅 能登食祭市場 | 8/8 | 12:10

リンが「ハンバーグがいい」と言うので、
道の駅に入ってた おにく屋さんで昼食。味はイマイチ!
家の近くの「然」のほうが数倍うまい。


 別所岳 能登ゆめてらす | 8/8 | 13:20

穴水に向けて有料道路を走っていると
パーキングエリアがあったので寄ってみました。
そこには「ゆめてらす」なる素敵な展望台が。
人も居なくて涼しくて、見晴らしもよくて良かった。


 穴水灯台 | 8/8 | 14:00

四角い形の灯台。下のほうが水色でした。
夏は草木が多くて、色々と面倒だと感じ始めました(苦笑)。




 竜ケ埼灯台 | 8/8 | 15:10

灯台までの道が草木で覆われており、
リンもイマイチ乗り気ではなさそうだったので
下から写真を撮って終了。という、体たらくです。


 鴨ケ浦 | 8/8 | 15:20

海蝕によってできた白っぽい岩場が
東西400m、南北150mに渡って広がっているそう。
とてもキレイな所で、地元の中学生か高校生の子供たちが
四角いプールみたいな所(けどプールではない)に
私服でバンバン飛び込んで遊んでました。


 キリコ会館 | 8/8 | 15:50

今回の能登半島訪問にあたり、
数ヶ月前に能登半島を訪れたユイチーノさんにオススメを教えてもらいました。
そのひとつがここ。
お祭り気分が味わえるという事だったのですが、入ってみて納得!
祭りのVTRを見て、能登の男たちには逆らわないと心に決めたのです(笑)。

その流れで隣に建つ漆芸会館で職人さんたちの作業を見学して、
家族におみやげの箸を購入しました。
(この時点で計五膳)


 白米千枚田 | 8/8 | 17:10 | マップはDを参照

今回、禄剛埼灯台と同じくらい来たかった場所です。
旭化成のCMで初めて見て、一目惚れしました。


CMでは田植え前と秋(?)だったので少し違った感じでしたが、
それでも自分が今、この地にいるんだって思ったらジーンときました。
今度はコウも連れてきて、CMみたいに姉妹で走らせたいです(笑)。


 ベッセル | 8/8 | 18:10

今回の宿は先述したユイチーノさんに紹介してもらいました。
いつもは車中泊なのですが、夏で暑いのと
一人2,600円(素泊まり)という安さもあり、思い切って予約。
シャワーを浴びれてエアコンがあって寝れればOK!って感じだったのですが、
シンプルな洋室には液晶テレビ、廊下には清潔な洗面所。
しかもオーシャンビュー。竜ヶ埼灯台も見えるじゃないか!
もう十分すぎるほどです。
全く干渉してこないシャイな感じのオーナーにも好感がもてました。


 蕎麦屋 | 8/8 | 19:10
宿に荷物を置き、夕食を求め輪島中心地へ。
夕食はユイチーノさんオススメの寿司屋に決めてました。
ところが……予約でいっぱいですって!
他を探すも、既に閉まっている店が多いんです。まだ19時なのに。
明かりが点いている蕎麦屋を見つけたので
「ここでいいか」くらいの気持ちで入りました。
(ちなみに店名は看板の字が読めなかったので分かりません)


左:かけうどん(リン)右:磯焼うどん(父)

この写真をツイートしたら
「対比が(; ̄O ̄)」(カミさん)
「素晴らしい教育。」(ぺけぺけさん)
「娘は具なしなのに、父は超豪華じゃん!Boo−」(shi-さん)
などの返信をいただきました。
二人旅だけど、みんなと繋がってる。
ツイッターは楽しいなって思えた瞬間でした(笑)。

店内は僕らしかお客が居なかったのですが、
そこに元気な男の子の声が。
どうやらこのお店のお孫さんのようです。
話しかけると嬉しそうにはしゃいでいましたよ。
始めは照れていたリンも、最後は同じテンションに。


少年よ、さらば。また会う日まで!

この後、コンビニで明日の朝食を買って宿に戻りました。
シャワーを浴びて、ベッドでゴロゴロしながら
父はiPhone、娘はDS。テレビはオリンピック。
疲れてたので22時過ぎには寝た。


 輪島朝市 | 8/9 | 8:30

宿のアイドル的存在、うみちゃん。
一晩お世話になりました。やっぱ横になって寝ると違うね。
疲れが取れる!

輪島は朝市が有名なそうで、僕は知らなかったのですが
みんなに薦められたので行ってみることに。せっかくですし。

朝市って、干物とか魚とかばっかでしょ。
実はあまり期待してなかったのですが、何この雰囲気。楽しい!
おみやげ的なのもたくさん売ってるし。
そしてなにより、おばちゃんやおばあちゃんたちの会話が面白い。
「活気がある」ってこういう事なんだな。


左おばあちゃんからは、おともだちへのおみやげ。
右おばあちゃんからは、ワカメを買いました。
商品自体はどこも同じようなものだったので、
売り子さんのビジュアルで決めましたよ(笑)。

ちなみに一膳100円の箸が売っていて驚きました。
もちろん輪島塗ではないでしょうが、見た目も悪くない。
ウチはボロい箸ばかりなので五膳購入。おまけに菜箸を二膳くれた。
(この時点でプラス七膳で計十二膳)




 生活センター ながおか | 8/9 | 9:50
禄剛崎に向かっている途中、こんなお店がありました。

細かい(笑)。
「スケジュールどけい」が必要です。
(ドラえもんの道具ね)


 能登鞍埼灯台 | 8/9 | 10:00

灯台への道は分かったのですが、草木が……(笑)。


 椿の展望台 | 8/9 | 10:20

駐車スペースがあるとつい停めてしまいますね。
本当に心地良い道です。ここも絶景でした。


 禄剛埼灯台 | 8/9 | 10:50
いよいよ今回のメインイベント会場に到着です。
道の駅 狼煙に車を停め、いざ灯台へ!


おおおおおおおおお!
でけーーー! きれーーー! 圧倒的! 美しい!
鳥肌が立ちました。来てよかった!

このあとも、あちらこちらから眺めたり写真を撮ったり。


「ねえ、もう帰ろうよ」と汗だくのリン。
ワーワーうるさい今風のチャラ男たちが来たのでちょうどいい。
「そうだね、車に戻ろう」

観光客はチラホラ居ました。
皆、暑い中、急な坂道を上ってきます。
日本の中心のモニュメントを見たり、写真を撮ったり。
けど、灯台の近くまで行く人はあんまり居ないのです。
遠目で「灯台だ」つって、帰っちゃう。
せっかく来たのにもったいない!
けど、このマイナー感がたまらないのです。

道の駅 狼煙で休憩。
リンの大好きなソフトクリームを買ってあげたら
豆乳みたいだったらしく、残した。
うどんもソフトも王道が好きな子なんです。

おみやげコーナーで灯台グッズを物色。
今回は大漁でした!



 聖域の岬 | 8/9 | 12:10

禄剛崎の少し南にある金剛崎にも立ち寄ってみました。
『聖域の岬』とかっつって、パワースポットらしいです。
展望台があったのですが、有料なので入らず。
予約が必要な個室展望台もありましたよ。


眼下に見える黒い屋根は『ランプの宿』という高級宿らしいです。
ちらりと見える水色はプールです。プール付きの客室は一泊5万とか!

パワースポット押しといい、有料展望台といい、あんまり好きじゃないなあ。
宿も高けーし。金があったら泊まってみたいですけど(笑)。




 長手埼灯台 | 8/9 | 12:50

背が高くて、スラッとスマートな灯台でした。
二人で足だけ海に入りました。


 道の駅 すずなり | 8/9 | 13:30

のと鉄道能登線の珠洲駅跡に作られた道の駅だそう。
ホームと線路がそのまま残っていました。


 レストラン浜中 | 8/9 | 14:00
お昼を過ぎていたのでお店を探していると立派な看板が。
リンにメニューを偵察しに行かせたら
「オムライスとかお子様ランチとかあるから、ここがいい」


彼女がチョイスしたのはカレーうどん(笑)。
まだ決まってないのにメニュー聞きにきちゃったもんだから、
僕は焦ってローストビーフ丼。うまかったです。


おみやげに箸をくれました。
(この時点でプラス一膳で計十三膳。以上)


 宇出津灯台 | 8/9 | 15:20

住宅街の高台にある灯台。ささっと撮って終了。


 のと鉄道跡 | 8/9 | 15:40

僕の車のカーナビは古くて困る時ばかりでした。
新しい道を知らずに遠回りさせられちゃったり。
地図更新しないとなーって。

けど、思ったんです。
「ほんの少しだけ古い、古地図だと思えば楽しい」

2005年に廃線となった「のと鉄道能登線」もカーナビにバッチリ。
「あ、ここは線路が走ってたところだ」とか言って
哀愁移動ができたのもこのカーナビのおかげ。
そんなこんなで地図の更新はしないと心に決めたのでした。
なぜか灯台は完璧に網羅されているし(笑)。

ちなみに写真は鵣川駅(穴水町)近くらしいです。




 岩崎ノ鼻灯台 | 8/9 | 18:10

初日にスルーしてしまった灯台です。
少し迷ったけど、目の前まで車で行けてラクチンでした。
それにしても草木が……。


車とはいえ、クマ出没看板見てブルっちまいましたよ。


 岩崎鼻展望台 | 8/9 | 18:25

空も赤くなってきました。
さあ、能登半島ともお別れです。


 すし食いねぇ! | 8/9 | 19:30
やっくるさんに「富山県、特に氷見周辺の寿司は超オススメです!」と
言われたのを思い出し、夕飯はシースーに決めました。
どの店にしようか迷っていたところ、
ysd先輩から「街道沿いにある『すし食いねぇ』が旨いよ」との情報が!


右上:ysd先輩オススメのふくらぎ(ぶりの子供)。安くて旨い!
左下:家内が大好きなえんがわ。代わりに俺が!
右下:さんざん迷って頼んだ中トロ。とけるってこういう事か!
他にも
さす、サーモン、ぶり、鯛……どれも最高に旨かったです。




 有磯海SA | 8/9 | 21:00

足りないおみやげと飲み物を調達。
富山ブラックサイダーてのを飲んでみました。
どうせコーラだろう? と思ったらピリピリと辛い感じがしました。


 蓮台寺PA | 8/9 | 23:00
もう眠いので寝ます。


 妙高SA | 8/10 | 2:35
休憩。


 上里SA | 8/10 | 5:00
埼玉に帰ってきたし、休憩しようとお店に入ったら
オリンピック女子サッカー決勝やってた!
朝ごはん(うどん 笑)を食べながら、応援しました。


 帰宅 | 8/10 | 7:00
渋滞もなく、無事に帰宅しました。
お疲れさまでした。


=====

iPhoneを持って、初の長距離灯台巡りでした。
ツイッターが旅の楽しさを広げてくれたと思います。
ツイートを見てくれた方々、返信してくれた方々、
どうもありがとうございました。

-----

今回も『Lighthouse-JAPAN.com』(dunkanさん)には
本当にお世話になりました。
このサイトのおかげでスムーズな灯台巡りができました。

=====

行ってみたい灯台がまだまだたくさんあります。
来年は出雲日御碕灯台に行きたい!
今から貯金しようと思います。

ご清聴ありがとうございました。

おしまい

2012.05.06 Sunday

初島へ

 2010年の男鹿、2011年の三重。
とゴールデンウィークは二年連続で灯台巡りをしてます。
今年は……たった4連休か。しかも初日は約束があるし。
てな感じで何も考えてませんでした。

こんな時用にとっといたのかもしれませんね、自分の中で。
わりと近い参観灯台なのに、まだ行った事がなかった
初島に行くことにしました。急に。

今回はコウも参加するというんです。
夜出発は初のコウ。大丈夫かなー。

というわけで



出発。

途中、やや渋滞があったものの


西湘パーキングエリア着。
今日はここで寝て、明日の朝イチで熱海に行くつもり。

パーキングにはヤンキーふうの人たちがたむろしてて
ヤンキーふうの車が何台か停まってましたが、
しばらくして静かになったと思ったら
今度は走り屋ふうの人たちが集まりだして
そんなこんなで一時間毎に目が覚める感じでした。


ちょっと早いですが、起きることにしました。
先ほど書いた理由に加え、


この隙間で寝てたので狭くて……
やっぱ三人はキツいですね。



「海だよー」と声を掛けると
ムスメらはすぐに起きました。
計算通りです(笑)


顔を洗ってトイレを済ませ、熱海港へ。
港の横の駐車場を確認し、
朝食を食べることにしました。



ローソンで米粉かレーパンを探そうと思ったんですが、
駅前にマックがあったので朝マック。


これもまた、灯台巡りの定番です。



熱海港へ戻ると、港の横の駐車場が満車。
仕方なく少し離れた駐車場に車を停め、
きっぷ売場へ行くとなかなかの混雑。

初島、さすが『首都圏から一番近い離島』だわ(HPより w)


この立派な船、イルドバカンス2世号で25分ほどです。



熱海港防波堤灯台を見ながら出航です。



ムスメたちもなかなか楽しそうです。



無事到着。



少し歩いた所に、初島小・中学校がありました。


素敵な校舎です。
貼ってあった説明によると、
静岡県内で2校しかない小中併設校だそう。
児童が10名、生徒が7名、教職員が11名。
児童が小学生、生徒が中学生ってことかな?



途中、道に迷ったかな?
とも思いましたが、見えてきました。


初島灯台です。




まずは資料館を見学。

いざ、灯台へ!


外階段は後付けかな?


奥行きがあって広めのテラス。
外階段といい、観光地用の改造でしょうか。

眺めは最高でした!
静岡には何度か来てますが、富士山見れたの初めてかも(笑)。



一度やってみたかった、家族塔頂部残し撮影。

というわけで、さよなら初島灯台。



港への帰り道でも、ふと見える富士山に感動。


リンは富士山の真似をしているそうです。



初島小中前から港を望む。いい景色だなあ。



手作り感がプンプンする人魚(笑)




これまた定番のソフトクリームを食べ、
おみやげ屋さんでおみやげを買い、




熱海港へ戻りました。

その後、どっかで昼飯を食って帰ることに。
やや渋滞気味の道中には飯屋がちらほらあったんですが
どこも混んでて……結局、






途中、


こっこの看板を見ながら



無事帰宅。

約20時間の旅でした。


おしまい

2012.02.26 Sunday

清水灯台100周年の旅

【きっかけ】
清水灯台が今年100周年を迎えるにあたり、
特別公開されると知りました。
dunkanさん、いつも情報ありがとうございます)
どうせなら久々に家族旅行を兼ねて行こうと思い、
カミさんにお伺いをたてたところ「温泉なら行きたい」と。
 
【宿探し】 
よし、そうと決まったらさっそく宿探しです。
清水灯台といえば……三保園ホテルだな。
(清水灯台は三保園ホテルの敷地内に建っています) 
ところが25日の予約状況を調べると、なんと満室!
さすが清水灯台100周年(多分関係ない 笑) 。
それならと、近場の宿を探している時ひとつ思い出しました。 
焼津のあのホテルはどうだろう。
 
【思い出】   
9年ほど前に僕がまだ浦和レッズに情熱を注いでた頃、
(今でも好きですよ 笑) 
当時リンをお腹に隠し持っていたカミさんと
磐田戦のアウェイゲームに行くことにしたのです。 
静岡出身の会社の先輩(以下しかせ)から焼津にあるホテルを薦められ、
そこに泊まりました。
目の前はもちろん海! こりゃあ部屋からの眺めも最高だろう!
……まさかの山側の部屋(T_T)でした。。。
 
帰ってから先輩にその事を言うと
「そこじゃねえ、その隣のホテルだよ」 
と言われました(笑) 。
 
【リベンジ】 
あれから8年。
先輩が薦めてくれたほうのホテルを調べました。
しゅ、宿泊料、た、高い!(^^;; さすが全室オーシャンビュー。
さすがに贅沢すぎるかなあとも思ったのですが、
久々の家族旅行だし、カミさんも正月返上でバイトしたし、
たまにはいいだろう!
(幼稚園の還付金も戻ってきたし 笑)
 
やっ

僕は男らしくボタンを押したのであります。
(楽天トラベルにて) 
 
翌日。

う 「前に教えてもらった焼津の宿、予約しました!」 
しかせ「マジ? 高くなかった?」 
う「奮発しちゃいました」 
しかせ「すげーなあ」 
う「しかせサン、泊まった事あるんでしょ?」 
しかせ「いや、ない」  

むむっ(笑) 。 
 
【出発】 
メインイベントの清水灯台は明日にしたので、
出発当日は特に予定なし。
子供たちのスイミングが終わってから
のんびり行くことにしました。
 
ただひとつ欲を言えば鰻が食いたかったのです。 
今日の夜と明日の朝はホテルの飯だし、明日の昼は焼肉センターだし、
夜は家で餃子だし……
そう、チャンスは今日の昼しかないのです。
僕が住む浦和も鰻が有名なので、鰻を食ってから出発するか?
ノンノンノン。
10時に出発して順調に行けば、昼過ぎに静岡で鰻食えるかも?
で、スイミング終了。 

が。なんだかんだで、家を出た時にはもう11時近く(^^;;
さらに。首都高渋滞、東名渋滞…… もう14時ちかい。
このままだと夕食に影響を及ぼしそうなので、静岡での鰻は諦めました。
激混みの海老名PAで昼食。


その後も渋滞やらトイレ休憩やらで、
ホテルの駐車場に到着したのは17時でした(T_T)
 
【文句なし】 
焼津にある『松風閣』というホテルにお世話になりました。
海沿いの高台に建っていて、駐車場からでも景色は最高。
10階建てらしいんだけど、まあデカい。
 
チェックイン。
上の階がいいなーと思ってたんですが、案内されたのは8階。
やっほーい!

部屋の窓からは駿河湾がドーン。
左手には富士山が……見えませんでした。
天気が良くなかったので。
晴れてたらホント最高なんだろうなあ。
ま、雨男の僕としては土砂降りでなかっただけでもヨシとします。


【大量】 
早速ひとっ風呂あびに大浴場へ。
海が一望できる露天風呂は贅沢そのもの。もう最高です。

風呂から上がるとあれま、もう夕食の時間。
3階にある宴会場に着くと、テーブルの上には既に少し料理が並んでました。
子供たちの席にはやや少なめのお寿司が。

 

「もしかして、これだけかな?(^^;;」 
なんて心配はこの後、吹き飛ばされました。
まあ、出てくる出てくる。
リンの目の前には寿司、肉、魚、エビフライ、唐揚げ、オムレツ、ポテト、
シュウマイ、コーンスープがズラリ。


見てるだけでお腹が一杯になりそうです。
小学校低学年で予約しましたが、合ってますよね?(^^;;
少し遅めの昼食でガッツリ食ったリンは既にギブアップ寸前(苦笑) 。
手助けしたいところですが、大人の分も大量に出てくるので、
さすがの僕もリンの分まで全部平らげるのは無理……
申し訳ないとは思いつつ、残してしまいました。

【圏外】 
夕食後、カミさんと子供たちは再び温泉へ。
僕は部屋でiPhoneをイジってました。
この部屋で唯一残念だったのが、海が見える窓際が圏外だったこと。 
まあ大した問題ではありませんけど(笑)。

つか、旅行の時くらいiPhoneなんて触らないでいたかったのですが、
逆にもう、フル活用でして(苦笑) 。
今回の旅のために購入したEye-Fiもなかなか良い感じ。
ホテルまでの道中も『DIABLO SUPER BIKER』で計測してみたのですが、
平均時速36km/h!
渋滞、休憩、食事を含めてるとはいえ、ねえ(^^;;
原付かっつうの(笑)。
 
【嬉しい同意】 
灯台巡りではいつもお世話になってるdunkanさん
今日、日帰りで清水灯台へ行くと聞いてました。

一昨年の話になりますが、僕が社員旅行の帰りに初めて清水灯台を訪れた時、
灯台近くの『焼肉センター』という店で焼肉丼を食べたんです。
(店がそこしかなく、仕方なく…といった感じで (^^;;) 
が! それが美味くてねえ。
その時の僕のブログ記事をdunkanさんが覚えていてくれたようで
「明日は片道220kmの焼肉屋に日帰りで行くw」 
とつぶやいてるじゃないか(笑) !

ドキドキしながらどうだったか聞いてみると  
「いや〜絶品でした!冗談抜きで」との返事が。
やった!やっぱ美味かったんだよ、焼肉センター!
いやね、実は一度しか食ったことないし、海沿いでまさかの焼肉という事で
ハードルも下がってただろうし、妄想がどんどん膨らんでったような気もしてたので、
実はあまり自信なかった(笑)。 
人に薦めて気に入ってもらえるって、嬉しいもんですね。 
 
【就寝】 
部屋には小さめではありますが、液晶テレビがありました。
僕はテレビ大好きっこおじさんなのですが、
旅行に来てまで夜更かしテレビってのもどうかと思ったし、  
明日の日の出(6時21分予定)を見たかったこともあり早めに寝ました。  
 
【日の出】 
きっちり6時に起きました。
旅先だと早起きできませんか? 不思議ですよね。 
部屋の窓ガラスには説明用の線画が貼ってあり、
太陽は伊豆連邦から顔を出すようです。


6時21分。少しずつ明るくなってきましたが、結局日の出は拝めず。
はい、曇り空ー(T_T)
朝風呂へ行き、朝食へ。朝はバイキング形式ですので、
納豆などの所謂日本の朝食が苦手な僕も満足できました(笑)。

【いざ三保へ】 
支度を済ませて10時にチェックアウト。ホント良い宿でした。
高い金払っただけのことはあります。
天気が良い日にまた来たいなあ……けど、もういいかなあ(笑)。

さあ出発です。焼津から三保までは25kmほどの距離。
三保半島手前のストロベリーロードは走ってて気持ちがいいですね。
いちご狩りがなかなか盛況のようで、ここだけやや渋滞してました。

清水灯台の予約は14時。それ以外は予定なし。昼食にするにはまだ早い。
せっかくなので、三保の松原に寄ってみました。


さすが有名観光地。なかなかの人出です。
それにしてもここの松はすごい形してるなあ。


子供たちもヘンな形の松や大きな石、海を見て喜んでました。



ここは大きな石に願い事を書くんですね。


なぜか、絵馬と一緒に牧瀬里穂のシングルCDが(笑)。


 【こっこ】 
行きの東名自動車道にて。
『こっこ』というお菓子の看板が目を引きました。
可愛らしいヒヨコのイラストに加えて、
「つまらないものですが…」と小洒落たコピー(笑)。
看板の裏(帰り道に見えるようになってる)を見ると、
「しずおか、どうでした?」とこれまた気が利いた感じ。
ホテルや三保の松原のお土産屋さんに『こっこ』売ってました。
今静岡で一番勢いのあるお土産なんでしょうね。知らないけど(笑)。 
 
【清水真埼灯台】 
三保半島の先っぽに灯台があることは知ってました。
一昨年は時間的な都合で諦めたのですが今日は時間に余裕あり。
行ってみよう!
到着直前の悪路で車の下から「ガリッ」と音が聞こえましたが
まあそんなのはお構いなし(笑)。無事到着です。
灯台自体は特になんてことはないのですが、
建ってる場所が良かったです。


灯台の周りには流木っぽい木とかゴミみたいのがたくさん。
ここの主のような方が椅子に座って海を眺めているようです。
僕には見えませんでしたが(笑)。


僕が撮影している間、子供たちはその流木やらゴミで遊んでました。

 

この黄色いのも航路標識の一種なんでしょうか。
僕に気づいてないようで、ミッキーがケツさわってました。


そうこうしているうちに、お腹もいい感じに空いてきた。
いざ、焼肉センターへ!
 
【焼肉センター再訪】 
そもそもまだ営業してるのか不安でしたが、
前の日にdunkanさんから情報を聞いていたので一安心。
一昨年と変わらぬ店構え……あれ?
『ランチメニュー』? こんなのなかったよなあ(笑)。


店内に入るとおばちゃんが何か作業してました。
笑顔の素敵なおばちゃんです。お客さんはいませんでした。 
座敷席に座りメニューを見回し、お目当ての焼肉丼を探します。
……あれ? なくね?
前にきた時は選択の余地なしって感じで焼肉丼を注文したような気がしたのですが……

う「焼肉丼ってあります?」 
お「……ん、いいですよ。どんぶりね」 

あれ? なんか「まあ仕方ないな」って感じに見えたんですが……(^^;;
まあいいや。
出てくるまでそこそこ時間がかかるのは覚えてたので子供たちにDSを許可。 
少しすると背中に「JAPAN COAST GUARD」と書かれた
ジャンパーを着た男たちが入ってきました。
清水灯台一般公開の業務に来てる、海保の職員さんたちでしょう。
今回の一般公開は数日間行われているのでお昼はいつもここなんでしょうね。
他に店は無さそうだし(苦笑)。
その証拠に「ラーメン6つね」と。
何日か通ってるからこそのラーメンだと、僕は確信したのであります(笑)。
 
それから少しして、焼肉丼が出てきました!

そうそう、これこれ。
肉が真ん中に密集してて、一見少なそうに見えますが次から次へと出てくるのです。
それではいざ、実食!
……ああああああ、やっぱうめえええええ〜
味付けがホント好みです。 
セットで付いてきたサラダとスープも美味い! 
カミさんも子供たちも美味いと平らげました。
食後、店のおばちゃんと少し会話。

う「一昨年初めて来てとても美味かったからまた来たんですよ」
お「ありがとね。そしたら今度はどんぶりじゃなく、定食食べてね。
どんぶりは奥のコンロで焼いてるだけだから味は同じだし、
目の前で焼いて食べた方が美味しいよ」
う「じゃあ次はそうします。このお店って、長いんですか?」 
お「うちの両親が始めた店だからねえ、もう45年くらいやってるよ」 
う「45年! なるほどー。前回来た時、海沿いなのに焼肉屋ってちょっと驚きました」
お「そうよね〜」 

また来ますと伝え、店を出ました。
おばちゃん、体に気をつけてお元気で〜!

【いよいよ清水灯台へ】 
門には特別公開の立て札が。


予約した14時まではまだ少し時間があってのですが、
職員の方に聞いたら、「今入ってる人たちが降りてきたらいいよ」と言ってくれました。 


するとヘルメットと軍手を渡されました。そんなの初めて。
待ってる間、撮影をしてると「中に昔のプレートがあるよ」と親切に教えてくれました。


中を覗くと灯台の中央に一本の柱があり、下のほうに小さな扉が開いてます。
そこには分銅みたいのが見えました。


う「これってレンズを回す為のやつですか?」
海「そうそう。今はもう使ってないけどね。昔はこの動力で回してたんだよ。
夜って季節によって長さが違うから重さを変えてさ。一晩もつよ」 
う「へえー、一晩もつんですか」
 
こうした海保の人との会話も楽しみのひとつです。
 
前の人たちが降りてきて、いよいよ僕らの番です。
もともと上る気は無かったカミさんも、せっかくだしということで上ることに。
一応、小学生以上と言われたのですが、「まあ上れるならいいよ」と言われたので
幼稚園児のコウも無事OK。家族全員で上りました。
いやー、確かに狭い!
かなり急な螺旋状の鉄階段。


それでも途中途中には海保の人が立っていて、声を掛けてくれたり
手を貸してくれたりして、灯室へ。
目の前にはフレネルレンズ。五等? 小ぶりですが美しい。


ここでも海保のおじさんが色々と説明してくれました。

屈まないと通れない小さな扉をくぐってテラスへ。
んー、いい景色!


頂部の風見鶏は羽衣伝説にちなんで羽衣の天女だそうです。シャレオツー(笑)。


もっと居たかったですが、次の人も待ってるでしょうし、
子供たちも「もう いこうよ」というので、降りることにしました。
急な鉄階段、降りる時のほうが難しいですね。


梯子を降りるように、後ろを向きながら降りるといいよと言われました。


ま、僕は普通の階段みたいに前向きで降りましたけどね。
えっへん(笑)。

灯台から出て、ひととおり撮影。


 


そんなこんなでメインイベントが終了。
海保のおじさんたちにお礼を言って帰路につきました。 
 
【帰路】
14時くらいに出発することができたので、夕方には着くかな?
恒例の餃子いけるかな? なんて思ってたのですが、またもや渋滞。
ノロノロノロノロ……
結局、地元に帰ってきたのは19時過ぎだったので、家での餃子は断念。
『王将』で餃子を食べて帰りました(笑)。


おしまい

2011.12.24 Saturday

犬吠埼灯台クリスマスバージョン

毎年恒例の
『犬吠埼灯台クリスマスイブ夜間特別公開』
に行ってきました。

昨年はちょっと迷ったけど行かなかった。
今年は早々と行くぞって思ってました。

行きはのんびり、暗くなりはじめた頃に着けばいいやって
柏からは利根川沿いをひたすら走って行きました。

着いてちょっと笑っちゃった。
灯台にスライドショー映したりしてんだもの(笑)
けど、とてもきれいでした。


まずは入口で記念撮影。
とても幻想的でいい感じでした。



クリスマスっぽい絵のスライドショー。



灯台の光はとても強烈で鳥肌が立ちました。



窓の無い後ろ側も好きです。



星もたくさん見えて、いい夜でした。

クリスマスイブだし、洋食屋さんで夕食を……
しかしここは犬吠埼です。
うまい魚を出してくれる店はたくさんありそうですが、
洋食はどうなんでしょう……

僕のアイフォォォォーーーーーンが唸りを上げましたよ。
食べログ起動です(笑)

お、あるじゃないか。
フレンチ? いや、フレンチなんてやだよ、
食ったことないし、作法とか知らないし、
第一高そうだし。

で、辿り着いたのが
『シュクラン』という洋食屋さん。

洋食屋さんですが、メニューを見ると
まあ何でもござれといった感じで、
近所にあったら重宝しそうなお店です。

僕はチキンディアブルソース。


一番クリスマスっぽいな(笑)


カミさんはナポリタン。



リンは焼きそば。



コウはハンバーガー。



みんなでグラタン。



……クリスマスイブとか関係ないです。
多国籍軍ですよ、バラバラです(笑)

味はとっても良かったです。
他にも気になるメニューがあったので、
また犬吠埼に来た時は寄りたいな。

ちなみに、会計時にどこから来たか聞かれて
「埼玉です」と答えたらすごく驚かれた(笑)

帰りも利根川沿いで帰るつもりだったんだけど、
ナビの到着予定時刻を見たら「00:40」と出て、
さすがにそりゃマズいとなって、
高速で帰ってきました。23:40くらいに。

来年もまた行きたいです。
カミさんには断られそうですが(笑)

Powered by
30days Album
PR