.uoo*blog

気の向く、まま、に。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
初めての京都・奈良
シルバーウィークに大阪・京都・奈良に行ってきました。

僕は学生時代に京都・奈良に行きませんでした。
僕らの前後の学年は修学旅行で行ったようですが、
僕らの学年は「松尾芭蕉生誕二百周年」だかで
奥の細道でしたので。

というわけで、四十路にして初の京都・奈良です。

興福寺

興福寺五重塔
[五重塔]

阿修羅像と木造千手観音菩薩立像は最高でした。
撮影禁止なのが残念。


奈良公園

奈良の鹿
[奈良の鹿]

奈良って、本当に鹿だらけなんですねw
鹿せんべい持ってると襲ってきた。
服を噛まれ、リュックを噛まれ……
こわかった。


東大寺

東大寺盧舎那仏像
[東大寺盧舎那仏像]

ド迫力でした。


源光庵

血天井足型恨跡
[血天井足型恨跡]

足跡、わかる?
血、らしいですよ、血。


悟りの窓と迷いの窓
[悟りの窓と迷いの窓]

この窓が見たくて、京都中心部の観光を諦めて源光庵に来ましたw
とても良かった。


竹田城跡

竹田城跡

天空の城、と呼ばれているそうですね。
さすが天空、たくさん歩いてやっと到着。

映画『あなたへ』で田中裕子が歌ったステージがありました。
それが感動した。


玄武洞

玄武洞

160万年前に起こった火山活動によって、
山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に
規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です。
ですって。


経ヶ岬灯台

経ヶ岬灯台

今回の旅のメインですw

駐車場から灯台までの道は禄剛埼よりキツいかもw
到着前のチラリと見える灯台がたまりません。


経ヶ岬灯台

草ぼーぼーの中に、門がありました。


経ヶ岬灯台

第1等フレネル式レンズを目の前に見ることができます。
レンズの直径はなんと2.5mです。

現在、日本には犬吠埼・出雲日御碕・角島・室戸岬と
ここ経ヶ岬の5ヶ所しかありません。


経ヶ岬灯台

天気も良くて最高でした。


経ヶ岬灯台

灯台に2時間近く居座っちゃいましたw


天橋立

天橋立
[股のぞき]

天に上る感じを見てきました。

=====
大阪の中ックさんのおかげで、本当に充実した旅行になりました。
ありがとう!
またお会いできるのを楽しみにしています。


| uoo | travel|たび | 19:11 | comments(0) | - |
ハードフォークサクセション

『ハードフォークサクセション』の思い出。

このアルバムはRCのフォーク時代の編集盤で、
『初期のR.C.サクセション』(1st)
『楽しい夕に』(2nd)には未収録(シングルのみ)の曲が
入ってたのです。

ただ、このアルバムの存在を知った時には
既に廃盤になってた(と思う)。
しかもレコードのみだった(と思う)。

僕とサオトメ(中学時代の同級生。僕にRCを教えてくれた)は
聴きたくて仕方なかった。
けど、インターネットも無い時代ですから、
どうしようもなかった。

そんな時、サオトメに思いを寄せていたらしい
同級生の女が「アタシ、持ってるよ」と言ってきた(笑)。

彼女に全く興味がないサオトメ。
できれば口も聴きたくない相手だと言ってた。
けど、『ハードフォークサクセション』は聴きたい。
こんなチャンスはもう無いかもしれない。

自らを殺し、『ハードフォークサクセション』の
音源を手に入れてきてくれました。

ありがとう、サオトメ!




それから約10年後、CD化されたので買いました(笑)。

| uoo | music|おと | 09:59 | comments(2) | - |
プリント比較
みなさんは撮影した写真をどうしていますか。
僕はなるべくプリントするようにしています。
友達にあげる時はもちろん、自宅でもアルバムに入れるようにしています。
(自宅用のプリントは2年近く溜まっちゃってますが ^^;)

インクジェットプリンタでもきれいに出せるようですが、
インク代・紙代・手間を考えると、
やる気がしないのでお店に出しています。

★SDカード店舗持ち込み期
駅前の写真屋さんまで行って、店頭で操作して注文してました。
値段も安くなかったし、注文時と受取時に行かなきゃいけない。
今考えるとよくもまああんなことしてたなって思います。

そうだ、インターネットでプリントしよう。と思い立ち、
素直な僕は「写真=フジフイルム」という発想しかなく、
1枚30円も払ってプリントしてました。
たまにイベントがあって、友達の分も発注したりすると
ウン千円とか……(苦笑)。

フジフイルムのプリントはクオリティは問題なかったのですが
(30円も払ってんだからそりゃそうだ)
さすがに高すぎると思い、安価なネットプリント店を探しました。
すると1枚7円くらい?(当時。今は5円)のお店を発見。
試しに発注してみると、全然きれい。
今も友達に配る分はここで注文しています。

〜自宅用プリント〜
自宅での写真保管方法を色々と模索していました。
時間をかけず、簡単に、素敵に整理する方法はないものか。

【デザイン系アルバム】
表紙が革だったりスエードだったりするデザイン性の高いアルバム。
悪くはなかったのですが、とにかく高くてやめた。

【無印のアルバム】
安い、シンプル。ただ、縦の写真も横に入れるってのが
少し気になってきた。

【フエルアルバム】
友達が写真をおもしろおかしくレイアウトしてるのを見て
羨ましく思い、やってみたのですが……
写真を切ったり、セリフや場所とかも入れちゃったりして。
とにかく時間がないとムリ。めんどくさい。

とまあそんなこんなで行き着いたのが
フジフイルムのアルバムボックス

見たい時にバーッと広げて見る。
懐かしい感じのマット+白ふち写真。
ちょっと高いけど、自宅用にいいんじゃない?と発注。
確かにいいんですが、手軽には見ないね(苦笑)

そんな感じで、自宅用プリント探しはまだまだ続きます。

◎比較してみた
前置きが長くなりましたが、
今回2つのお店で同じ写真をプリントしてみました。

ひとつは普段使っている「しまうまプリント」。
値段・クオリティともに満足してますが、
LWサイズにすると12円もするんですよね。
Lサイズだとどうしても左右が切られちゃうので
できればLWにしたいのですが……

比較したのは「vivipri」ってとこ。
Lサイズが9円と、しまうまと比べて値段も高いしL判なので
乗り換えるメリットは無いのですが、
新規会員向けに
・Lサイズ50枚1円(送料無料)
もしくは
・Lサイズ1枚@1円(メール便110円)
という『最高画質体験コース』ってのを見つけました。
ちなみにここのお店の最高画質Lサイズは1枚15円
僕がいつも発注しているしまうまの3倍です。


というわけで届きました。

 所在地の比較
vivipri(左)福岡県
しまうま(右)鹿児島県

どちらも行ったことないので、ドロー。
それにしてもなぜ九州なんでしょうね。

 並び順の比較
当たり前だと思ってたんですが、
vivipriは写真の並び順がバラバラでした。
細かい事ですが、ちゃんと時系列順に並んでないと
気持ち悪いんです(笑)

アップロード時に何かできたのかもしれませんが、
普通に操作してこうなったので、しまうま勝利。

 品質の比較
さあ、メーンイベントです。
品質というか、色味ですね。
しかも、個人的な好き嫌いの部分が大きいと思うので
あくまで参考程度に考えてください。
誰も見てないと思うけど。

今回39枚ほど、同じ写真を2社でプリントしました。
1枚ずつどっちが僕の好みかを分けていった結果

vivi 22 - 17 しまうま

でした。

ほとんど差はありませんでした。
ホント、好みの差という感じ。
ただし、1点だけ驚くくらいの違いがありました。
それは夜景です。


上/vivipri 下/しまうま

どちらも「機械による自動補正」にしてたと思うのですが、
しまうまのほうは夜景じゃなくなっちゃってますね。

ちなみにこの写真です。
Glover Garden.

とまあ、こんな感じ。画質は一応、vivipriに軍配。

 価格の比較
品質ではviviが僅差で勝利しましたが、
vivi(最高画質)vs しまうま(一番安いコース)ですから
当たり前って気もします。

だって価格は
vivi 15円
しまうま 5円
3倍ですからね。

そんなこんなで、今後もしばらくは「しまうま」になりそうです。
他にオススメのとこがあったら教えてください。


| uoo | shop|みせ | 15:25 | comments(0) | - |
長崎旅行記[まとめ]

-----

140819-22_Nagasaki[Flickr]


| uoo | travel|たび | 10:49 | comments(0) | - |
長崎旅行記[完]〜そして埼玉へ〜
長崎旅行記[8]〜石ころ館〜 はコチラ


-----

8月22日


少し時間に余裕があったので、眼鏡橋に寄ってみる事にしました。
それにしても長崎の道はちょっと走りづらい。
右折レーンが無いところで右折待ちしてる車がいたり、
チンチン電車と並走したりすると合ってんのか分からなくなる。


あと、これなに?
「直」と「曲」がペカペカ交互に変わってたけど
知らなかったのでドキドキしました。

そんな感じで眼鏡橋に到着。
が、路駐するのもダメだし、人もたくさん居たので
車窓からのチラ見でおしまい。

ながさき出島道路を経由して空港近くのレンタカー店へ。
渋滞もなく1時間ほどで空港に着きました。


お土産を物色。


これ6,000円って(笑)。
もっとリアルな作りだったら買ったかもしれないけど……
ホットドックかと思った。

ちょっと早めだけど、お昼ごはん。


長崎市民のソウルフード(らしい)、トルコライス。
ボリューム満点でした。

3階の展望台へ。


んー、良い天気。昨日もこれくらい天気だったら良かったのに。


Nagasaki Airport.

これから帰玉ですが、「長崎"空港"へ」だから合ってます。

12時半の飛行機で、さよなら九州。
なんだかんだで17時前には家に着きました。

-----

天候には恵まれませんでしたが、
要所要所では雨に降られなかったので良かったです。
実質2.5日って感じでしたが、とても充実しておりました。
またお金を貯めて、違う日本に行きたい!

[おしまい]

-----

旅先でのツイート、インスタをはじめ、
この長い旅行記を読んでくれた方、
どうもありがとうございました。

-----

★おまけ★

今回の旅で活躍したものをご紹介。


シガーソケット用の充電アダプタ。
USBポートが2つあるので、2台同時充電もOK。



急速充電器。
USBポートが5つあるので、
iPhoneやモバイルバッテリーなどUSB経由での充電に
重宝しました。



モバイルバッテリー。
旅先では電波が弱く、さらに『世界の霧』などのアプリで
位置情報を常時オンにしているので
電池がみるみる減っていきます。


| uoo | travel|たび | 10:37 | comments(6) | - |
長崎旅行記[8]〜石ころ館〜
長崎旅行記[7]〜グラバー園〜 はコチラ


-----

8月22日

早いもので帰玉日がきてしまいました。

まずは朝食。


今日は挟んでみました。
最後の朝、食べまくろうと思ってたフライドポテトが無い!
なんと、今朝はマッシュポテトに変わってました。
がっかり。

9時前にチェックアウト。
リンがすごく行きたがっていた『石ころ館』に行くことに。
(るるぶに広告が出てた)


Ishikoro.

ここもホテルから歩いて行ける所だったので良かったです。
お店の人に無料の占いをしてもらい、
その自分に縁のある石で作られたアクセサリーを買うことにしました。

リンはお店の人と相談しながら、じっくり決めてました。
コウは「470円のやつがいい」と言って決めました。


左上:リン[いろいろ]
右上:コウ[ラピスラズリ]
左下:う[タイガーアイ]
右下:家内(購入せず)

それでは空港に向かいます。

=====



| uoo | travel|たび | 09:40 | comments(0) | - |
長崎旅行記[7]〜グラバー園〜
長崎旅行記[6]〜樺島灯台・伊王島灯台〜 はコチラ


-----

8月21日


伊王島からの帰り道、お腹が空いたので
ちょっと早めの夜ご飯を食べることにしました。

長崎で思い当たるものは全部食べたので
何にしようか迷いましたが、寿司にしました。

チェーン店でも構わないけど、どうせなら地元のお店がいい。
帰りのルート沿い近くの『若竹丸』ってとこに行ってみた。


全品100円。エビ天などの変わりネタもあり、
長崎の『かっぱ寿司』といった感じかな。
海苔が美味かったです。

-----

そういえばグラバー園に行ってないじゃん!
この時期は夜21時過ぎまでやってるので
疲れた体に鞭打ってグラバー坂を上がっていきます。

Glover Garden.

おぉ〜夜景がキレイ。
これで稲佐山は行かないでもいいかな……

いろんな旧邸が点在しており、当時の家具なども展示されてました。
グラバー邸では、龍馬伝のワンシーンを思い出しました。


Doll House.

和風のドールハウス。かわいい。

園内は予想以上に広く、夜だし雨だし
「そろそろ帰るか」と思って順路通りに進んでるのに
なかなか出口に行けない(苦笑)。

こんな感じで長崎最後の夜は更けていくのでした。

=====




| uoo | travel|たび | 09:13 | comments(2) | - |
長崎旅行記[6]〜樺島灯台・伊王島灯台〜
長崎旅行記[5]〜大浦天主堂・軍艦島〜 はコチラ


-----

8月21日


着替えを済ませ、伊王島へ向かいます。
お昼の時間は過ぎてますが、みんなそれほどお腹が空いてないと言うので
途中、コンビニで軽食を調達。
(僕は後で一人で美味いもの食べよう……ひひひ)

さっき船でくぐった伊王島大橋を渡り、伊王島の天然温泉『癒湯』到着。
ここに着くまで「灯台行く?」と5回くらい聞きましたが、
全て断られました。ここからはしばし一人旅。

『癒湯』から伊王島灯台までは車で5分もかかりませんでしたが、
またもや雨。少しだけ待ってみましたが、すぐにはやみそうもないので
先に樺島灯台に行くことにしました。
どうせ後でまた、伊王島には迎えに来ないといけないから。

国道499号をひたすら南下。
ふと右手を見ると、軍艦島が見えました。

Gunkanjima.

肉眼でもハッキリ。これはこれでグッときました。


樺島は長崎半島南端にある島ですが、
橋が架かっているので車で行くことができます。
橋を渡り、細い山道を進んで行きます。
「この道で合ってるんだろうか?」不安な気持ちを抑えて
突き進むのです。

駐車場に到着。
車とは一台もすれ違いませんでした……。


一応は公園らしいのですが、
駐車場に軽ワゴンが1台置いてあるだけで、誰もいません。
小雨がぱらついてましたが時間がもったいないので
傘をさして灯台へ。

灯台へ向かって歩いていると、
職員らしきおじさんとすれ違いました。
駐車場の軽ワゴンのおじさんかな。

「雨の中、わざわざ来たの?」と声をかけてくれました。

Kabashima.

樺島灯台です。立派!


Kabashima.

第3等フレネルレンズらしい。


Kabashima.

旧退息所と思われる建物が資料館として公開されてました。
中に入るとモワッとした空気。もちろん誰も居ません。
落ち着いて見ることもできず、写真だけ撮って出ました。

良い撮影ポイントも見つけられず、雨も降ってるし、
時間もあまり無いので伊王島に戻る事にしました。

さっき来た山道を進むと、1台だけ車とすれ違いました。

-----

伊王島大橋を渡り、ふとナビを見ると橋の下あたりに灯台のアイコンが。
気になったので行ってみる事にしました。

Light house.

あ。さっき船から見えた灯台でした。
名前は分からない。

[追記]
これは肥前黒瀬灯台だそう。
やっくるさん、教えていただきありがとうございます。


家内に連絡すると、風呂も上がって時間を持て余してるようだったので
伊王島灯台には一緒に行くことに。
良いお湯だったそうで、良かった良かった。

この頃には雨もやんでました。
車を停め、少し歩くとやや見下ろす感じで見えてきました。


Ioshima.

伊王島灯台!
おおおお〜素晴らしい。

伊王島灯台は江戸条約の灯台のひとつです。
幕府が米英仏蘭に
「ココ、アブナクネ? ライトハウス ツクッテヨ」って言われて、
「分かったでそうろう」って設置を約束したのが江戸条約。

江戸条約の灯台は全部で8ヶ所。

・野島埼灯台(千葉)
・観音埼灯台(神奈川)
・剱埼灯台(神奈川)
・潮岬灯台(和歌山)
・樫野埼灯台(和歌山)
・伊王島灯台(長崎)

今回の伊王島灯台で6ヶ所目。
あと2ヶ所は

・佐多岬灯台(鹿児島)
・神子元島灯台(静岡)←行ける気がしない


Ioshima.

そんな歴史的背景もあって、もう鳥肌モンなんです。
デザインも素晴らしいじゃないですか。

と言いつつ、現在の伊王島灯台は三代目。
明治4年に初点灯→原爆により損傷、昭和29年に四角形で修復→
平成15年に六角形で再建。



ちなみにこれが初代・伊王島灯台。
今、建ってる位置よりもう少し海側だったって。

さっき、二代目の伊王島灯台(四角形)を検索して見てみた。
……再建されて良かった(苦笑)。


Ioshima.

子供たちの下の石畳が、
初代伊王島灯台が建ってたところ。
伊王島旧灯台基礎石組。


Ioshima.

灯台脇の階段を降りると、記念館がありました。
ここもまた、旧吏員退息所。ブラントンが設計したそうです。


Hirase.

長崎湾方面を見ると、黒地に赤横帯の灯標が。
平瀬灯標か肥前平瀬灯標のどちらかだと思うのですが、
ちょっと分かりません。


Ioshima.

お気に入りの一枚。
奥のフェリーは何処に行くのかな……

今回の灯台巡りはこれにておしまい。
二ヶ所だったけど満足です。

あ、昼飯食ってない!

=====





| uoo | lighthouse|とうだい | 08:54 | comments(2) | - |
長崎旅行記[5]〜大浦天主堂・軍艦島〜
長崎旅行記[4]〜長崎新地中華街〜 はコチラ


-----

8月21日



勝負の日。まずは朝食へ。


ホテルは違えど、メニューはほとんど一緒だね。
フライドポテトがマックタイプに。



相変わらずの曇り空。
雨さえ降らなければ!


Oura Catholic Church.

まだ時間があるので、大浦天主堂へ。
タイムスリップしたような感覚になりました。


Mary.

入口のマリア像。
どことなく、佐々木希に似てる……。

集合場所に向かって歩いていると、青空が。

Cloud...

きれいな白い雲と黒い雲が入り交じって、変な感じ。

フロントで受付を済ませると、雨が降ってきた。
島では傘がさせないというのでカッパを購入。

ちなみに今回参加したのは『軍艦島コンシェルジュ』。
JTBで安く申し込めるツアーもあったのですが、
既に予約一杯だったので、自分でここを予約しました。


乗船。子供連れを先に案内してくれて、好感がもてました。
出航までの時間を使って、上陸にあたっての注意事項や
端島の歴史VTRなど。気持ちが高ぶる高ぶる(笑)。

そして出航。

Ioshima.

伊王島灯台! あとで行きます。楽しみ。
雨、やんでほしいなあ。


Light house.

伊王島へ渡る橋の下あたり。
岩礁に立つ灯台。名前は分からないです。

[追記]
これは肥前黒瀬灯台だそう。
やっくるさん、教えていただきありがとうございます。


出航から30分。軍艦島が目の前に見えてきました。


ここから、上陸できるかは船長の判断だそうです。
あとで知ったのですが、上陸できるのは年間100日ほどだそう。
常に波が高く不安定なので、やむなく上陸を断念して
帰ることもあるそうです。

現にこの日も、僕らの前の船は上陸を断念したそうです。

波で船が大きく揺れる中、上陸開始。
そして無事に全員上陸できました。万歳!


Belt conveyor.

ちょっと分かりづらいですが、
真ん中あたりにあるのがベルトコンベアかな?

画像や映像では何度も見てきた軍艦島ですが、
実際にそこに立つと興奮しました。

かつて、ここに人が住んでた。
東京の9倍もの人口密度だったというから驚きです。


70.

端島小中学校(70号棟)。
40年もの間、台風や雨風に晒されても
残ってるガラスがあるんだなぁ。



子供たちはまだ分からないだろうけど、
「あたし、行ったことあるの?」って驚き、
喜ぶ日が来るといいなって思います。


Spare time...

もう飽きた様子(笑)。

見学広場では、ガイドのおじさんがいろんな話をしてくれました。
面白かったのは、テレビ普及率が10%ほどだった時、
ここ端島では100%だったとか(笑)。
アンテナが乱立する屋根の写真は凄かったです。


Blue Sky.

気がつけば青空。

先月の台風8号の影響で桟橋が損壊し、しばらく上陸不可だったそうです。
その後、桟橋の復旧工事が開始されて予定では
8月14日には全エリア上陸再開のはずでした。
ところが、先日の台風11号の影響で工事が遅れ、
全エリア上陸再開が8月24日になってしまいました。


Rain cloud.

第1見学広場からは確認できなかった肥前端島灯台。
この先の第2、第3見学広場からは見えるんだろうな。
行きたかったなぁ……。

あれ? 雲の色が……?

「では、そろそろ船に戻ってください」
船に向かって歩いていると、突然の豪雨! 土砂降り!!!
カッパ買ったんだった!って着る暇ねえええええ!!
てか、カメラがぁあぁぁあぁ!!

……なんとか船に乗り込んだものの、全身ズブ濡れで寒がる子供たち。
半泣き状態でカメラを拭くボク。

海の天気、おそろしいです。

(その後、カメラは普通に使えています。
一応、近日中に部品交換も兼ねてニコンに持って行こうと思います)


船は周遊を開始し、島の裏側へ。

Hizen.

肥前端島灯台を確認する事ができました。

昭和49年1月15日 閉山
昭和49年4月20日 無人島に
昭和49年9月  (う生まれる)
昭和50年12月29日 肥前端島灯台 初点灯

人々が島で生活していた時は、灯台など必要ないくらい明るかったのでしょう。
閉山し、島民と入れ替わるように灯台が……。
全機能が停止した島で、唯一機能しているのが灯台。

灯台は悲しげなエピソードが似合うなあ……たまらん!
人と入れ替わるように灯台が建ちました。



船は島からやや離れ、軍艦「土佐」に見えるという位置へ。
雨足も強くなり、不気味でした。



帰りの船内では、軍艦島で撮影されたPVという事で
B'zの曲が流れていました。
みんな、あんまり見てませんでした(笑)。



無事、到着。

スタッフの方々も親切丁寧、ガイドのおじさんの話も面白く、
そして上陸もできた。もし次のチャンスがあったら、
迷わず『軍艦島コンシェルジュ』にすると思います。

-----

ズブ濡れのため一度部屋に戻り着替え。
当初の予定では、伊王島の日帰り温泉で家内が一人のんびりする予定でしたが、
ズブ濡れでの船に疲れた子供たちも温泉に行きたいと。

灯台は僕一人で行ってきます。




| uoo | travel|たび | 22:00 | comments(2) | - |
長崎旅行記[4]〜長崎新地中華街〜
長崎旅行記[3]〜ハウステンボス〜 はコチラ

長崎旅行記[まとめ]

-----

8月20日


ハウステンボスから車で1時間20分ほどで、
ホテルに到着しました。

連泊できるのがここしかなかったので
このホテルにしたのですが、立地抜群。大正解でした。

グラバー坂のすぐ横にあり、
大浦天主堂、グラバー園は徒歩数分。
明日の軍艦島クルーズの集合場所にも歩いて行けます。

さて、今夜は中華街に行くことにしました。
中華街も歩ける距離ではありますが、
せっかくなのでチンチン電車でゴー。


Tin-Tin-Train.

これに乗りました。



結構混んでた。


Cockpit.

運転席。渋くてカッコイイ。
「大浦天主堂下」から3駅。
「築町」で下車し、中華街へ。


Nagasaki Chinese Town.

中華街!


たくさん店がありましたが、
中華街入口近くの「京香園」という立派な店に入りました。


長崎と言えば角煮なんですよね?
ということで、角煮丼を注文。
量は少なめだけど、とても美味でした。

家内が頼んだ長崎ちゃんぽんを少し食べたけど、
魚の感じが強くて、僕は『リンガーハット』のほうがいいなって。
僕はね。僕はですよ。

帰りは散歩がてら「オランダ通り」をてくてく。
当たり前なんだけど、普通にマンションとか建ってて人が住んでる。
「オランダ通り沿いに住んでます」とか、カッコイイ。



発音もオランダ仕込みッス!

=====

明日は今回のメインイベント・軍艦島と伊王島灯台。
二日間長崎に居て、雨予報でもずーっと降る事はなく、
時折り晴れ間も出るくらい。なので明日もきっと平気なはず!



| uoo | travel|たび | 17:55 | comments(0) | - |
無料カウンター

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

このページの先頭へ